さぁ〜読みましょう

3月16日(木)につくば市にある国立研究開発法人森林総合研究所

『森林の有効活用をめぐる可能性と課題 

~第1回:マウンテンバイク&トレイルランニングの取組~』

と言うシンポジウムが開催されました。

とても興味深いシンポジウムです。

行けるもんなら行きたかった…なんて悔しく下唇噛んでいたら

なんと今回のシンポジウムの主催者の1人でもあり

国立研究開発法人森林総合研究所主任研究員でもある

平野先生から素敵なプレゼントが届きました♡

届いたプレゼントは…

『どうすれば環境保全はうまくいくのか』宮内泰介編

やばい早く読みたい!!!!!でもけっこう分厚い!!!!!!! 笑

中の1つの章に平野先生が執筆した章があります。

東京の西多摩マウンテンバイク友の会

福岡の福岡マウンテンバイク友の会長野のTrail Cutter

トレイルランニングの団体などに平野先生自身が足を運び

インタビューし現場を感じ見られて書かれている章です。

早く読みたい〜他の章も興味深々で早く読みたくて“うずうずです” 笑

平野先生は私の地元の箕面にも足を運んで下さり

色々とお話を聞かせてもらい箕面のお話もさせてもらいました。

そんな様々の地域の環境や地域特性の中での

マウンテンバイク愛好家の活動を私達が持っていない視点から

研究されている筑波大学大学院生命環境科学研究科連携准教授です。

分厚い本なのでじっくり読みたいと思います☆

平野先生、ありがとうございます(^^)